商品先物で稼ぐ!!!~LiveTradingLabo |2007年03月
FC2ブログ
特殊CHART+SYSTEM売買指示による多角的トレードで資金運用中です。将来プライベートファンド創設を目指しております。目標年間1000%!!!!!! 強力ストラテジーをご堪能ください。問答無用の具体的売買指示。勝負です! →情報確認→クリックにほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ   FC2 Blog Ranking 先物・為替・投資サイトランキング 人気blogランキングへ






無料メール会員申し込みはここからです↓
ドシドシ申し込んでくださいね・・

1日に2~3通のメール配信中!
ファンド情報・売買方針が満載です!!!
*****************************
無料メール会員募集
*****************************
お名前、配信先のメールアドレスを記載し
以下へメールしててください。
info@livetradinglabo.com <メール会員希望>






******************************************************************
日経 225で稼ぐ!!!

好評掲載中~デイトレ中心の高勝率トレード
 
  →ここからどうぞ!!
******************************************************************                                         

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
本日、30日の東京アラビカ市場は、前日のNY市場で値を落としており、東京市場でも軟調な寄り付きし、その後は、週末要因から売り方の手仕舞いと見られる買いに下げ幅を縮小する場面もみられたが、切り返す力はなく軟調地合いとなって推移中。

NY市場は、前日懸念した、日柄と値位置の力関係による売り圧力が早々と出ている状況で、本日の入電で短期売り転換して終了しており、取り組み高は増加中であることから好感はもてるものの、4月半ばへ向けて玉整理の下落場面が示現するとみる。

売買方針
休み明け、本日の大引け値より、高い値段があれば新規売り参戦
本日は、静観・様子見

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
スポンサーサイト
2007.03.30(15:06)|粗糖アラビカコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、30日の東京粗糖市場は、NY市場でファンドの売りが膨らむなどして大幅反落に終わったことを受け、東京でも大きく下落して寄り付きし、⑤限が前日比30円安の283500円で納会すると、他限月は玉次第の動きを示現しており、軟調地合いのまま推移中。

NY市場は、前日懸念した、日柄と値位置の力関係による売り圧力が早々と出ている状況で、取り組み高に変化がないことから、今晩の本セッションで下げ拗れる展開で寄り付きしない場合は、4月半ばへ向けて下落する展開になる可能性が高くなった。

売買方針
ロスカットに注意し、買い玉維持のまま様子見・静観
ロスカット厳守の参戦とするが、ドテン売買は避ける
現在、1ポジション維持中
短期ロスカット:③限31540円以下の大引け

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:57)|粗糖アラビカコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
シンガポールゴムRSS3号 351.25(±0.00)S¢

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:49)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
タイゴムRSS3号 80.30(±0.00)

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:49)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、30日の東京大豆市場は、シカゴ大豆が続伸したことを受け、東京NON大豆も堅調に寄り付いたものの、その後の節では夜間取引の小安い商状や為替の円高などから売りものが優勢となったものの、一般大豆大引けにかけては切り返す動きを見せ、期近安・期先高のマチマチで推移中。尚、NON大豆期近2限月は大衆筋の手仕舞い売りを浴びてS安となっている。

シカゴ市場は、取り組み高増加を見せて、本日の入電で再度短期買い転換して終了しており、年初来高値の更新の可能性が出てきた。大豆リードの上昇相場が、再開されるかどうか注目されるところ。

国内市場は、前日も記したが、当限と先限とでは相場のトレンドが異なっており、新規参戦が躊躇われる場面。シカゴ市場の展開が、ハッキリするまでは静観が妥当。

売買方針
様子見・静観
現在、ポジションなし

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:42)|大豆コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ご参考までに。

産地で輸出業者の倉庫火災。
あとファンドの買い攻勢。


              (N)
2007.03.30(14:39)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、30日の東京とうもろこしは続伸しているが、高寄り後は上げ幅を削る展開となって推移中。前日のシカゴ市場で、売りが一巡したとの見方から反発したことを好感、東京市場は大幅続伸して寄り付きし、しかしその後は場中に進行した円高や夜間取引の軟調推移を映し、上げ幅を縮小している。

シカゴ市場は反発して終了しているが、取り組み高減少中で、短期買い転換はしておらず、下げ拗れ現象と見ている。日柄と値位置の関係からは、今晩から売り圧力が強くなるため、上値思い展開になると予測。

売買方針
ロスカットヒット中のため、ロスカット厳守で参戦

現在、1ポジション維持中
短期ロスカット:③限27010円以上の大引け

シカゴ市場中心に判断する限り、ロスカットドテン売買は避ける
現在のところ、新規売り場面探しが妥当と判断
特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:31)|とうもろこしコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、30日の東京原油・石油製品市場は、イラン情勢の緊迫化を背景にNY原油市場が66ドル台に急騰したことから原油は急反発、製品も大幅上伸して寄り付きし、寄り後すぐに原油・製品の一部限月がS高をつけたほか、原油は当限を除く全限、ガソリンは期先3限月、灯油は全限が一代の高値を更新し、原油、灯油は期先ベースで昨年9月来の高値を付け、その後は、夜間取引は堅調に推移しているものの、週末要因による利食い売りに伸び悩みとなってるものの、大幅高のまま推移中。

NY原油市場は、取り組み高は一服したまま、8営業日連続高を演じて終了。今晩の、本セッションでは68.09ドルの今週高値をトライする展開になると思われるが、週末・月末要因もあることから、高値引けにはならないと見ている。

売買方針
ガソリン・灯油ともに、買い玉維持のまま、様子見・静観
現在、2もしくは3ポジション維持中

今晩のNY市場の展開次第では、買い玉維持したまま⑩限へアンコの売り参戦を一考したい

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:22)|原油・石油製品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、30日の東京ゴム市場は、為替の円安と石油製品市場の大幅上伸を眺めて反発して寄り付きし、その後は、為替が118円台を割れてくるなど円高気味に推移していることを受けて上げ幅を縮小したものの、小幅堅調地合いを維持したまま推移中。

前日の売買の結果、中心限月の⑧限のみ短期売り転換して終了しており、現在のところ本日は小確りで推移しそうなことから、他の限月は買いの時代のまま終了しそう。周囲の環境からも、予断は許せない状況のため休み明けも注視したい。

売買方針
売り玉維持のまま、様子見・静観
現在、2ポジション維持中

短期ロスカット
⑧限:283.7円以上の大引け
⑨限:285.9円以上の大引け

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:11)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
30日の国内貴金属市場は、NY市場は、金・白金ともに反落したものの為替が118円台にのせるなど円安になっていることや石油製品市場が急騰していることを好感し、金は小反発、白金は上伸して寄り付きし、その後は、スポット価格は堅調に推移しているものの金は利食い売りに一部限月がマイナス圏に沈むなど上げ幅をやや縮小、白金も伸び悩みとなって推移中。

NY金は取り組み高回復を見せないまま、一時は売られる展開となったが、安値からは原油高場度を好感して切り返して終了している。4月に入れば、インデックスファンドの新たな資金が流入すると言う見方もあり、取り組み高減少に歯止めが掛かるかどうか注目される。

売買条件
売り玉維持のまま、様子見・静観
現在、2ポジション維持中
短期ロスカット:②限2554円以上の大引け

<注>
現在は、短期的には買いの時代のなかの売り参戦の為、ロスカット厳守必須
積極的なトレーダーは、上記の売買条件で新規売り参戦OK
慎重なトレーダーは既存売り玉維持のまま、短期売り転換を待って売り増し作戦

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(14:03)|貴金属コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
本日、30日の上海ゴムは・・
12:30現在、前日比較+350の21,520元、と好調

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(13:19)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ガソリン 前日比較±0円(55,200円)
灯油 前日比較+100円(55,200円)

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(13:17)|原油・石油製品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
売り方
岡 地 422(1,377買い越し)
三菱フ  84(3,520売り越し)
オリ貿  33(175買い越し)
第一商  30(203売り越し)
ローズ  30(98買い越し)

買い方
日ユニ 158(511買い越し)
小林洋 151(519売り越し)
フ ジ  48(591買い越し)
タイ証  45(374買い越し)
新日本  39(132買い越し)

店別売買では、強気注目店がトップに顔を出し、その後に弱気ファンド筋・買い店大衆筋が続いて上位を占め、買い方では強気注目店がトップに顔を出し、その後に弱気実需筋・買い店大衆筋が続いて上位を占めており、面子的には特に目立った手は出ていないためイーブンの内容。

内部要因的には、取り組み高減少し、自己玉買い越しも減少しており、委託の手仕舞い買いが出た内容で、なかなか取り組み高減少に歯止めが掛からないのがネックとなっており、新年度入りするまでは現状のままと思われる。

売買条件
現状のところ、NY市場ベースで判断する限り買い場面探しが妥当と判断
但し、為替・株式の展開次第では新規売り参戦もありえる

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(04:23)|粗糖アラビカコメント(0)トラックバック(1)TOP↑
売り方
関東砂 138(807売り越し)
岡 地  72(1,724売り越し)
三貴商  43(750買い越し)
オムニ  39(349買い越し)
日ユニ  27(507買い越し)

買い方
小林洋 194(3,782売り越し)
三井フ  94(1,846売り越し)
アルフ  40(1,359買い越し)
サンワ  31(100買い越し)
岡 藤  24(560売り越し)

店別売買では、売り方は弱気実需筋がトップに顔を出し、その後に弱気地場筋・買い店大衆筋が続いて上位を占めて、買い方では弱気実需筋がトップに顔を出し、その後に弱気ファンド筋・買い店大衆筋・注目店が続いて上位を占めており、面子的にはほぼイーブンの内容。

内部要因的には、納会目前と言うこともあり取り組み高減少し、自己玉売り越し増加となっており、委託の手仕舞い買いが出た内容で、好感持てる内容ではない。新甫発会以降の、取り組み高増加を期待する以外ない。

売買方針
買い玉維持のまま、様子見・静観
後場から売買を一考
短期ロスカット:③限31540円以下の大引け

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(03:53)|粗糖アラビカコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
売り方
 豊  114(836売り越し)
オリ貿  89(391買い越し)
KFT  62(32買い越し)
アステ  47(100買い越し)
神 保  41(165買い越し)

買い方
三菱フ  99(2,209売り越し)
サンワ  81(15ドテン買い越し)
岡 藤  54(1,865買い越し)
エース  53(59買い越し)
アイメ  43(2ドテン買い越し)

店別売買では、売り可は弱気注目店がトップに顔を出し、その後に大衆筋が続いて上位を占めて、買い方では弱気ファンド筋がトップに顔を出し、その後に大衆筋・注目店が続いて上位を占めており、面子的には特に目立った手は出ていないためイーブンの内容。

内部要因的には、取り組み高微減し、自己玉売り越し微増となっており、委託の手仕舞い買いが出た内容で、トウモロコシ同様、取り組み高減少に歯止めが掛からないのはネックで、踏み上げ相場になったとしても短命と見る。

売買方針
本日29日の売買で、一般大豆当限は短期売り転換する一方、先限は買い転換して終了
このため、当先の鞘が拡大となっており、今後は新規売り場面探しが妥当と判断

前場は様子見、後場から売買を一考

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(03:32)|大豆コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
売り方
岡 地 910(5,196売り越し)
サンワ 367(277買い越し)
アルフ  90(350売り越し)
ひまわ  88(2,082売り越し)
三井フ  68(2,266買い越し)

買い方
朝ユニ 174(484買い越し)
岡 藤 147(807売り越し)
新日本 145(967買い越し)
KFT 136(430買い越し)
日ユニ 121(1,761売り越し)

店別売買では、弱気地場筋が大量売り増しでトップに顔を出し、その後に大衆筋・ファンド筋が続いて上位を占めて、買い方では強気大衆店がトップに顔を出し、その後に弱気注目店・強気大衆店が続いて上位を占めており、面子的には売り方・買い方ともにガップリ四つでイーブンの内容。

また、余計な話になると思うが・・サンワの手は、おそらく九州出身のN氏の売買と考えられ、何度も相場にやられては蘇って来る姿勢は素晴しいと思う。

内部要因的には、取り組み高連続微減し、自己玉売り越し増加となっており、委託の手仕舞い買いが出た内容で、取り組み高減少に歯止めが掛からないのは好感持てない。明日30日は、「上げ・下げ拗れ現象」に注意する日。

売買方針
前場は様子見、後場から売買を一考
短期ロスカット:③限27010円以上の大引け


特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(03:12)|とうもろこしコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
売り方
ひまわ 397(1,402買い越し)
岡 藤 309(2,518売り越し)
ばん証 198(208売り越し)
オムニ 100(19ドテン売り越し)
日ユニ 100(1,016買い越し)

買い方
三井フ 357(3,141買い越し)
 豊  267(245ドテン買い越し)
三菱フ 209(3,178買い越し)
ドット 185(211買い越し)
三貴商 183(398売り越し)

店別売買では、売り方は強気ファンド筋がトップに顔を出し、その後に弱気機関店・大衆筋が続いて上位を占めて、買い方でも強気ファンド筋がトップに顔を出し、その後に弱気機関店・ファンド筋・大衆筋が続いて上位を占めており、面子的には商社の機関店のバイカイを差し引いても、やや買い方有利の内容。

内部要因的には、取り組み高微増し、自己玉も微増となっており、委託の極僅かな新規買いが入った内容となって、取り組み高増加は人気回復となる為、好感持てる内容となっている。
尚、現在の中心限月と考えて良い⑧限は、本日、短期売り転換して終了しており、罫線的に<三羽烏>形成となったことで、30日以降の他の限月の展開を注視したい。

売買方針
前場は売り玉維持のまま、様子見・静観
展開次第では、場中にメール送信致します
短期ロスカット
⑧限:283.7円以上の大引け
⑨限:285.9円以上の大引け

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(02:40)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
売り方
三井フ 221(423買い越し)
岡 地 131(1,047売り越し)
三貴商  88(84ドテン売り越し)
ばん証  82(269売り越し)
三菱商  76(1,122売り越し)

買い方 
三菱フ 608(5,219買い越し)
G S 241(351売り越し)
ひまわ  39(2,341売り越し)
エース  36(152買い越し)
モルガ  35(1,966買い越し)

店別売買では、売り方は強気ファンド筋がトップに顔を出し、その後に弱気注目店・大衆筋・商社が続いて上位を占めて、買い方では強気ファンド筋がまとまった買いでトップに顔を出し、その後に外資系・ファンド筋・大衆店が続いて上位を占めており、面子的には玉のたらい回しなど行われていないことから、やや買い方有利の内容。

内部要因的には、取り組み高増加し、自己玉売り越しも増加してしており、委託の新規買いが入った内容で、取り組み高が順調に回復していることは好感持てる内容で、ガソリン同様、⑩限が先限で発会して以来、店尻が売り越しになっていることも買い方にとっては有利なポイント。

売買方針
前場は買い玉維持のまま、様子見・静観
展開次第では、場中にメール送信致します

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(02:12)|原油・石油製品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
売り方
モルガ 501(2,728買い越し)
三菱商 400(1,129売り越し)
岡 地 387(1,253売り越し)
小林洋 286(342売り越し)
G S 265(343売り越し)

買い方
三菱フ 1,297(2,412買い越し)
カネツ   471(265ドテン買い越し)
ひまわ   235(323売り越し)
ローズ   178(190買い越し)
ドット   138(66売り越し)

店別売買では、売り方は強気外資系がトップに顔を出し、その後に弱気商社・注目店・外資系が続いて上位を占めて、買い方では強気ファンド筋がトップに顔を出し、その後に大衆筋・ファンド筋が続いて上位を占めており、面子的にはモルガ・三菱商VS三菱フのバイカイが上位にでており、その他の面子から判断すればやや売り方有利の内容。

内部要因的には、取り組み高増加し、自己玉売り越しも増加しており、委託の新規買いが入った内容で、取り組み高が順調に回復していることは好感持てる内容で、⑩限が先限で発会して以来、店尻が売り越しになっていることも買い方にとっては有利なポイント。

売買方針
前場は買い玉維持のまま、様子見・静観
展開次第では、場中にメール送信致します

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(01:57)|原油・石油製品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
売り方
フ ジ 268(549買い越し)
三井フ 268(6,312買い越し)
住友商 264(5,047売り越し)
ドット 260(275買い越し)
三井物 134(3,409売り越し)

買い方
三菱フ 622(3,642買い越し)
岡 地 480(423ドテン買い越し)
ローズ 285(292買い越し)
ひまわ 231(2,858買い越し)
協 栄  83(30売り越し)

店別売買では、売り方は強気大衆店がトップに顔を出し、その後にファンド筋・商社・大衆店が続いて上位を占めて、買い方では強気ファンド筋がトップに顔を出し、その後に強気注目店・ファンド筋・大衆店で上位を占めており、面子的には特に目立った手は出ておらずイーブンの内容。

内部要因的には、取り組み高増加し、自己玉売り越しも増加しており、委託の新規買いが入った内容で好感持てる内部要因となっている。売買比率では、売り方ペースが継続されて、新規率も売り方がやや多い枚数となっている為、拮抗した内容が窺われる。

売買条件
◆新規売り→②限:4608円以下の寄り付きで、新規売り
短期ロスカット:②限4626円以上の大引け

<注>
現在は、短期的には買いの時代のなかの売り参戦の為、ロスカット厳守必須
積極的なトレーダーは、上記の売買条件で新規売り参戦OK
慎重なトレーダーは既存売り玉維持のまま、短期売り転換を待って売り増し作戦

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.30(01:27)|貴金属コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
売り方
住友商 1,448(23,762売り越し)
SA証   631(319ドテン売り越し)
ドット   473(1,893買い越し)
三菱商   446(27,935売り越し)
豊田通   214(1,668売り越し)

買い方
岡 地   745(2,411買い越し)
双 日   598(856買い越し)
三菱フ   541(7,094買い越し)
 豊    375(7,929買い越し)
岡 藤   348(3,783買い越し)

店別売買では、売り方は弱気商社がトップに顔を出し、その後に大衆筋・商社筋が続いて上位を占めており、買い方では強気注目店がトップに顔を出し、その後に商社・ファンド筋・強気注目店が続いて上位を占めており、面子的には豊田通が売り方BEST5に顔を出していることに超ビックリ!だが、売り店・買い店のガップリ四つの内容のためイーブン。最後に、余計なことと判っているが・・双日は商社の割には、相場は下手!(日商岩井とニチメンが合併した商社だが・・曲がりっぱなし^^)

内部要因的には、どういうわけだか取り組み高連続減少し、自己玉売り越し増加となっており、委託の手仕舞い買いが出た内容となっており、既報しているように、取り組み高減少は相場のエネルギーがなくなってるわけで、目先的には強気できない。

売買条件
◆新規売り→②限:2529円以下の寄り付きで、新規売り
短期ロスカット:②限2554円以上の大引け

<注>
現在は、短期的には買いの時代のなかの売り参戦の為、ロスカット厳守必須
積極的なトレーダーは、上記の売買条件で新規売り参戦OK
慎重なトレーダーは既存売り玉維持のまま、短期売り転換を待って売り増し作戦

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら


2007.03.30(01:03)|貴金属コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
前日のシカゴ市場は、作付面積の大幅減少期待とコーン売りのサヤ取りで大豆買いが進み上伸したことを受けて・・

国内市場は、NON大豆から反発して寄り付きし・・
一般大豆寄り付き時点では、為替の円高もあり、高安マチマチの展開

その後は、一般大豆当限は下落するものの、先限が買われたことと
株式の反発、トウモロコシの上伸も好感されて
当限は下落するが、期中から先限は続伸して終了

本日、売り玉はロスカットヒットした・・悔しいぃ!(><)!

さて・・
シカゴ市場は急反発したが、売り転換のままで取り組み高は横ばい
今晩の展開が注目されるところだが、取り組み高増加できてないところは好感持てない


一方、国内市場は・・
先限は本日短期買い転換したが、当限は売り転換して終了した
このため、当先の順鞘が拡大したことになり、内部要因的には強気になれない

新規売り場面探しが、現状のところ妥当ではないかと考えている

現在、ポジションなし


特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(22:27)|大豆コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
前日のシカゴ市場ではUSDAの発表を前に整理売りが優先されて期近限月中心に下落したが・・

国内市場は、前場こそ軟調な展開で推移したものの
後場からは、株式の反発や夜間取引高を好感して買い進まれる展開で
結果的には、全限続伸して終了

シカゴ市場・為替相場は関係ない展開となっている
非常に、悩ましい展開・・だ(><)!

冷静に考えて・・
シカゴ市場は、短期売り転換しており
国内市場も同様の展開中だが、下げ渋る動きを見せているところ
国内大豆が買いの時代のままであることが、下げ渋りの一因とみている


ここは、無理しないで、明日の展開を待ちたい

本日、売買なし
現在、1ポジションの売り玉維持
短期ロスカット:③限27010円以上の大引け

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(22:24)|とうもろこしコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
前日のNY市場で小幅続伸したことを受けて小高く寄り付いた後は
玉次第の展開で推移して、当限を除き、小幅高で終了

NY市場は、取り組み高は大きな変化ないまま、続伸
但し、陰線引けとなっており、本格的な出直り相場とはなっていない
依然として、売りの時代のままで、4月第一週までが日柄的にはポイント

この時期まで、低迷したままの場合は、上昇相場は困難
むしろ、売り圧力を受けて・・大幅下落の懸念もあるので注意したい

本日の売買は、なし
現在、1買いポジション維持
短期ロスカット:③限31540円以下の大引け

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(17:40)|粗糖アラビカコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NY市場は、ファンド筋の買いにより小反発するものの・・
国内市場は、先限が戻り売りの手の叩かれて反落して寄り付き

その後は、薄商いのなか玉次第の展開となり
先限の安寄り付きを嫌気した売買が行われる結果で
株式反発や穀物高の影響も受けることなく
小幅軟調地合いのまま終了

NY市場は、取り組み高増加中で、安寄り付き後の陽線となっており
押し目買いの展開と見ているが・・
4月上旬から、売り圧力が強まる日柄となっており
今回の目先の高値更新を4月上旬まで出来ない場合は、急反落の懸念あり


国内市場は・・
取り組み高回復と出来高伴う場面が見られないことには
新規参戦は避けたほうがベターと見ている

本日の売買、なし
現在、ポジションなし

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(15:32)|粗糖アラビカコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NY原油市場は、7営業日連続高となったが・・陰線引け
前日の大幅上髭陽線のなかに「赤ちゃんが、孕んだ線」で終了している
取り組み高も回復気味ではあるが、超短期的に修正・調整場面を迎えそう

東京市場は、前日の売買の結果・・

ガソリンは、取り組み高増加し、自己玉売り越しも増加しており、委託の新規買いが入った内容で、人気回復が受け止められ好感持てる内容となっており

灯油は、取り組み高微増し、自己玉売り越し微減となってることで、委託の極僅かなドテン売り参戦が見られており、やや好感持てる内容となっている

本日は、利食い売り優先の売買で開始された後は
下げ渋る動きを見せて推移中・・悩ましい展開だ

本日のところは、買い玉維持のまま様子見・静観とする
但し明日の寄り付きが「上げ拗れる展開」になれば、
一部買い玉は、利食い&撤退予定

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(15:14)|原油・石油製品コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
NY市場は、金と異なり、取り組み高増加しつつ上昇中・・
これは非常に好感持てることだが、世界の白金市場No1は東京市場

東京市場も、前日の売買の結果・・
取り組み高増加し、自己玉売り越しも増加して、委託の新規買いが入った内容で、やや好感持てる内部要因となっているが、売買比率は売り方ペースへ転じており拮抗した内容となっている

本日は、スポット価格・夜間取引と為替の綱引き状態で
薄商いのなか、前日のレンジ内で推移中

本日の寄り付きで、新規売り条件当てはまり
現在、2ポジションの売り玉維持
短期ロスカット:②限4626円以上の大引け

最後に・・
NY・東京市場ともに、短期買いの時代のままであることを念頭に入れておく
国内市場は、前日取り組み高微増したが、本格的な上昇相場になるかどうか疑問場面

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(14:33)|貴金属コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
NY市場は反発して終了し、依然として買いの時代のままだが・・
取り組み高減少が、非常に気になる場面(相場のエネルギーが減少中)

一方、国内市場は、為替の円高・スポット価格安を嫌気して続落して寄り付き
その後は、為替が円安へ転じたことから、下げ渋る動きとなっている
前日も、取り組み高減少となっていることから
「上げ・下げ渋り現象」が起こり易い下地はあったが・・

本日の寄り付きで、新規売り条件当てはまり
現在、2ポジションの売り玉維持
短期ロスカット:②限2554円以上の大引け

最後に・・
NY・東京市場ともに、短期買いの時代のままであることを念頭に入れておく
両市場ともに、取り組み高減少中であることから買いの時代と言えども
上値は限定的と判断している

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(14:20)|貴金属コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
シンガポールゴムRSS3号 351.25(±0.00)S¢

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(14:07)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
タイゴムRSS3号 80.30(±0.00)

特別情報満載

他の商品先物情報はこちら
2007.03.29(14:07)|ゴムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

◆三猿◆

Author:◆三猿◆
相場は孤独な世界です。見ざる聞かざる言わざる・・・とはよく言ったものです。私は特殊CHART+SYSTEM売買指示による多角的トレードで資金運用中です。将来プライベートファンド創設を目指しております。目標年間1000%!!!!!! 強力ストラテジーをご堪能ください。◆にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア

ブログに相場に関するご意見。ご感想
相場に関するご質問は以下の
メールフォームからお問い合わせ
ください。 お気軽にどうぞ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。